FASHION | エディターズ・チョイス

【notモノトーンコーデ】マネしたくなるカラフルコーデは川崎美秋さんをフォロー!

SHEL’MAG編集部が注目する、おしゃれスタッフを「SHEL’MAG MONTHLY NOMINATE STAFF」(#SMNS)として、毎月フィーチャー。
今回は、カラーパレットのようなインスタグラムが目を引く、川崎美秋さんに迫ります!

バッグの中身見せて!

「お財布は、SALLIESのもの。みなさんが思っている10倍は収納力あります(笑)。鍵もつけられて、誰とも被らなくて、お気に入りです!
服がカラフルなので、アクセは基本的にシンプル。大振りのものよりも小さめのものをつけることが多いです。
その代わりアイウェアと帽子、ヘアピンをコーデに取り入れることが多く、
忘れたら本気で凹む、AirPodsは必ず持ち歩いています。音楽とフェスが大好きなので、来年は絶対にフェスに行きたいです(涙)。

主食がグミっていうくらい、グミが好きで、お誕生日には30個以上頂いたこともあります!」

最近のネイルは?

「セルフ歴5~6年のセルフジェル派です! 持ちがいい、グレーズジェルのベースがおすすめ。だいたい1ヶ月に1回ペースで塗り替えしています。
歴が長いので、自分に似合う色やスタメンカラー、デザインが分かってくるので、手つきがどんどん慣れてきました!
洋服の柄を組み合わせてみたり、好みが似ているネイリストさんのデザインを保存して、次回の参考にしていることが多いです」

お気に入りのコーデ

「148cmと小柄なため、サイズ感を間違うと、洋服に着られたようになってしまうので、裾上げ、丈詰めをして、体に合うようにすることが本当に大事です!

パンツの時は、トップスをインにして、ウエスト位置を見せることで、脚長効果を狙ったり、大きめのトップスの時は、ボトムを短くしたりして、全体のバランスを調整しています。

毎日コーデを決める時は、まず主役アイテムを選ぶところからはじめます!
ゴツめのブーツだったり、柄ワンピースだったり、そこから他のアイテムを決めていくことが多いです。それか、髪型から決めることも!

ボリュームのあるお団子ヘアや帽子をかぶる時は、コーデをタイトめに、逆に前髪を出したりするタイトヘアの時はワンピースを着たりと全身で考えることが多いかもしれません。

古着も大好きで、サイズ感の合うヴィンテージワンピースや、フェミニンなトップスが見つかるとついつい買ってしまうことも! ロデオと古着の組み合わせて、楽しむことも多いです!」

カラーメイクやカラーコーデの秘訣は?


「ベースは、80年代のファッション! 映画やドラマを見て、色合わせを参考にしていることも。
実は美容への関心が薄め……なんですが、オレンジ系をベースに洋服と同色系の色を使ってみたり、シンプルコーデの日は、差し色として顔に色を加えたりしています。
美容については、詳しい人に積極的にシェアしてもらうにしています!」

見ているだけで元気になる、カラフルな川崎美秋さんのインスタをチェック!

川崎美秋さん インスタグラム:@miaki_rc

ほぼ毎日更新中!!365 NEW STYLE ほぼ毎日更新中!!365 NEW STYLE

RANKING

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • まだデータがありません。

  • まだデータがありません。

  • まだデータがありません。