FASHION

【JO1 with BLACK and WHITE】今、最も熱狂を呼ぶ11人が目指すのは

FASHION 2020.06.09 by 2020.06.09

オーディション番組『PRODUCE101JAPAN』で、熾烈なサバイバルを勝ち抜いた11人が初登場。活躍する舞台として目指すのは、日本だけにとどまらない。“ワールドボーイズグループ”として、世界へ飛躍する彼らに期待したい。

@official_jo1

INFORMATION デビューシングル『PROTOSTAR』が好評発売中! 初レギュラー番組『JO1 HOUSE』全6話がGYAO!にて配信中。

INTERVIEW

ー今のJO1を色で例えるなら何色?

川西「ピンクじゃないですか!?」

木全「それはお前の髪の色!(笑)」鶴房「思いついたのは宇宙色」與那城「それ全色入りそうだな(笑)」

鶴房「黒じゃなくて星もあってきらめいているところもあれば、暗いところもあって、紫がかった雰囲気もあって……」

與那城「プラネタリウムっぽい感じ?」木全「僕も全く同じこと思ってた」

河野「本当かよ~(笑)」木全「いや本当。僕たちが“急に現れたダークホース”みたいなイメージです」

河野「僕もそうですね、宇宙色……」

全員「あはははは(笑)。同じ!(笑)」

河野「それこそ、僕たちの新曲『無限大(INFINITY)』も含めて、可能性は宇宙レベルに広いんだっていう気持ちを表す色といえば“宇宙色”かなって」

大平「僕は虹色。全員ひとりひとりが違う個性とカラーを持っていて、それが合わさってひとつになったのがJO1だと思うので」

川西「僕も虹色を考えてたんですけど……(笑)。1色選ぼうとしたら……選べなかった(笑)。全員違うよさがあるから、虹色みたいな印象なんです」

豆原「実は僕も虹色って言おうとして……(笑)」全員「あはははは(笑)」

豆原「でも違う色を選ぶとしたら白。“どんな色にも染めていける”っていう意味で選びました。JO1として、これからいろいろな色をつけていきたい」

木全「いいな、その答え!」

川尻「虹色も言われて、白だ!って思ったら豆に言われて(笑)。でも本当に豆と一緒で、今からがスタートだって意味も込めて、何色にでも染まれる真っさらなキャンバスみたいな白さと、さっき3人が言ってくれた宇宙で星は白く輝いてるイメージもあるから白かな」

佐藤「もう言える色がない~(笑)」與那城「まだイケる、がんばろう(笑)」

木全「ユニバースカラーとかでもいいし」

與那城「それは宇宙じゃん(笑)」

金城「僕は黒。11人個性があってそれぞれ違う色なんですけど、色ってたくさん混ぜると黒になるじゃないですか。だから、メンバーの色をひとつにしたら黒なのかなって思いました」

河野「へぇ~!」

金城「デビューシングルの『PROTOSTAR』も宇宙に関係する言葉だし、宇宙は果てしなく広いイメージがありますよね。だから今のJO1にとって黒がいちばん近いのかなって。黒いところに光があると目立つじゃないですか。“宇宙にあるたくさんの星”は僕たちにとってのJAMのみなさんだなって僕は思いました」

佐藤「はい!僕は今の話からJAM=イチゴジャム、ってことで赤で」白岩「連想ゲームじゃないよ?(笑)」

佐藤「JAMのみなさんの色だから可愛いでしょ?(照)」與那城「僕はゴールド」

佐藤「その心は?」

與那城「スタートラインに立ったばっかりで、僕らはこれからもっと輝いていくと思うから。クリスマスツリーとかに飾る星のモチーフってだいたいゴールドじゃないですか。そういうイメージで僕たちも輝いていきたいな
と思いました!じゃあラストは瑠姫くん」

佐藤「白王子、締めて!」木全「白王子は何って答えるのか!」

白岩「JO1というグループ名には「1」がついていて、トップを目指すっていう意味もあるので、僕も奨くんと同じ金色って言おうと思ったんだよね。でもどれも正解な気がします」

川尻「色は“無限大”だしね」白岩「全色が正解ってことで!」

 

ー新曲『無限大(INFINITY)』を色でたとえるとしたら?

鶴房「やっぱり“無限大”なので(前の答えと同じ)宇宙色!色をつけるのって難しいですね(笑)」

木全「僕はユニバース色で(笑)」

川尻「じゃあ宇宙色の人は~?」

鶴房・木全・大平・河野・川西・川尻・佐藤・白岩「はーい!」

豆原「宇宙色もその通りだと思うんですけど、MVの中で、色が褪せたような真っ白いリンゴが出てくるので、そういう色です」

鶴房「それは要するに宇宙色なんじゃない?」

豆原「じゃあ宇宙色です!(笑)」

木全「MVは全体的にけっこうヴィヴィッド系の色も使われてるよね」

佐藤「俺、リンゴの色が赤じゃない理由わかるよ。きっと違う次元に来たってことでしょ?最初に拓実と俺が違う世界に行くっていう描写があるんだけど、世界は広くて可能性は無限大なんだよってことを表してるんじゃないかな」川西「だから宇宙を表してるのかな」

佐藤「だからリンゴが白なんだよ……って、俺もわからなくなってきたけど(笑)」木全「パラレルワールドのリンゴは白ってことでしょ」

金城「僕はやっぱり“無限大”を表す黒かなって思う」大平「黒もいいよね」

與那城「僕は赤」河野「僕も赤っていうのも思った!」

與那城「MVのバックで炎が上がってるシーンがあるし、僕のパートが『燃え立つ炎~♪』っていうのもあるので。僕たちの可能性を試す炎、新しい自分や挑戦する気持ちを表現してるんじゃないかなって思ったからです」

ー今後、JO1をどんな色にしていきたい?

木全「太陽みたいな色!」

鶴房「黄色かな。明るく輝きたいから」

木全「いちばん輝いてる星の色になりたい。すごいやつ!星みたいに輝く存在に」

河野「僕らから発信していけるような憧れの存在になりたいよね。僕たちもまだ夢を追ってる途中だから、同じように夢を持ってる人たちに憧れられるようになるといいな。あ、色とは関係なくなっちゃったけど(笑)」

大平「僕は白かな。これからJO1でいろんなことを経験していくと思うけど、初心の気持ちは絶対忘れたくないから。白はピュアなイメージだから、その気持ちを持ち続けて、しっかり本気でやっていきたい」

與那城「僕はゴールド。最終的に僕たちは輝く存在になっていたいから。スターっていう意味です!」

ーメンバーの中でいちばん白と黒が似合う人は?

與那城「じゃあ白から。それぞれ似合うと思う人を指差してみよう」(河野さん・金城さん以外は白岩
さんを指す)

河野「僕も瑠姫くんだと思ったけど、みんなそうしたらおもろないから、蓮」

川西「僕は瑠姫くんも似合うけど、豆も似合うなって思う」

金城「僕は景瑚くん。普段のファッションは黒が多めなんですけど、景瑚くんは明るい雰囲気が多いんだよね」

與那城「白が似合う!」佐藤「ありがと!(照)」

大平「瑠姫はやっぱり白王子だからだよね」

川尻「ファンの方のイメージもそうだし、衣装でも白が多いしね」

與那城「じゃあ黒は?これも指差してみよう」

大平「あ、すごい分かれた!」川尻「俺は汐恩」

大平「僕も汐恩かなと思った」豆原「俺、拓実」

川西「え、俺!?俺はなくない!?(笑)」

佐藤「汐恩は黒が似合うというよりオールジャンル、何でも似合うって感じがする」

鶴房「俺は碧海。碧海の人~!」

木全・川西・河野・白岩・佐藤・與那城「はーい!」

金城「俺も(笑)。基本、私服も黒が多いし」

川西「キャリーケースの中、真っ黒だからね(笑)」

全員「あはははは」

河野「ホンマにホンマに!(笑)ホンマに真っ黒なんですよ」


model : JO1 photography : GORIKURAMOTO(PYGMYCOMPANY) styling : AISUGANUMA interview : MAYUKOKUMAGAI

ほぼ毎日更新中!!365 NEW STYLE ほぼ毎日更新中!!365 NEW STYLE

RANKING

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • まだデータがありません。

  • まだデータがありません。

  • まだデータがありません。