FASHION | エディターズ・チョイス

【It Girl and Boy〜 旬なあのコたちの夏〜】佐野勇斗

巷で話題のボーイズ&ガールズたち。
夏を通して、彼らのことをもっと知りたい。どんな風に夏を過ごして、どんな風に夏を楽しんでいるのか。そんなことでも知ることができたなら、彼らの素顔に少し近づける気がするのです。

Hayato Sano (M!LK) 佐野勇斗

1998年3月23日生まれ / 愛知県出身 / A型 / 178cm / sanohayato_milk

スクリーンでもステージでもトキめかせて♡

7人組ボーカルダンスユニット・M!LKのメンバーというだけでなく、注目の若手俳優としても人気上昇中。5月公開の映画『小さな恋のうた』では主演を務めるなど、話題の作品には欠かせない存在に。アーティストと俳優、両方の顔を持つ多才な彼の魅力は深まる一方。

−夏は好きですか?

実は……大嫌いです(笑)。めちゃくちゃ汗をかくタイプなので、汗をかく度に着替えたくなるので困ります。なので、夏のファッションはものすごくシンプル。かなりの暑がりなので、夏はいつもTシャツ1枚と、ゆるっとしたパンツとかラフな格好が多いです。なので、もし夏にデートをするなら、女のコにも白いTシャツにデニムとかカジュアルでボーイッシュなファッションをしてもらいたいですね。あと一見シンプルなのに、イヤリングやバングル、リングとかアクセサリーで個性を出しているコを見ると、“すごくオシャレだな”って思います。

−この夏、挑戦したいファッションはありますか?

普段、シャツをあまり着ないので、挑戦してみたいですね。今まではかなりカラフルな洋服を好んで着ていたんです。でも、20歳を超えてから大人になろうと思い、黒ばかりを着るようになってしまって。でもこの夏を機に、普段着ないような色のシャツなどを着てみようと思っています。ちなみに、最近の僕が洋服を買う時のコンセプトが、“息子にあげられる服”なんですよ。ファストファッションもカワイくていいものが多いんですが、これからは、長く着られて、将来自分の子供ができた時にプレゼントできるような、上質な服を買っていきたいと思っています。いつか結婚して、息子が生まれたら、“オシャレなパパ”になるためにも、今からいろんな服に挑戦してセンスを磨いていきたいですね!

−印象に残っている夏の思い出は?

高校時代の夏休み、ホームステイでニュージーランドに行ったことがあるんです。ニュージーランドは、平屋ばかりが建っていたり、家のすぐそばを羊が歩いていたりと、目に入る風景が衝撃的でした。その経験があるので海外が大好きなんです。でも英語は全く話せません(笑)。性格的にノリで通じ合うことはできるんですが、ちゃんと話すことはできないので、英語をきちんと勉強していきたいです。いつか、M!LKで海外公演をした時に英語でMCをできるくらいにはなりたいですね。映画『小さな恋のうた』では、ほんの少しですが英語を話すシーンがありました。またこういった機会があったら、“英語も話せます!”と言えるくらいに成長したいです。

−映画『小さな恋のうた』は、MONGOL800の曲が原案となっていますが、もともと何か思い入れはありましたか?

実は、僕が初めて自分で買った曲がこの曲なんです。そして、生まれて初めてカラオケで歌ったのもこの曲。僕のいろんな初めてだった曲が原案の作品で主演ができるということに、運命を感じました。ただ、大好きな曲だからこそプレッシャーもすごく感じていて。ベース&ボーカルの役なのですが、ベースを演奏するのは初めてだったので、練習はかなり大変でした。でも共演のバンドメンバーも、森永悠希君以外は全員初めて演奏する楽器を担当したので、クランクインする半年前から集まってずっと練習をしていたんです。それもあって、みんなと一緒に苦境を乗り越えている感覚を体験して、本当の部活のようでした。沖縄での撮影中も、毎晩森永君の部屋に入り浸って森永君の手料理を食べていたんです。僕は当時、肌が荒れていたんですが、森永君が「それは食べ物が悪いからだ」と言って、栄養のあるものをたくさん作って食べさせてくれて。まるでお母さんのような存在でした(笑)。

−映画の中では、国境を超えたピュアな恋愛が描かれていましたが、佐野さん自身こういった恋には憧れますか?

憧れましたね。フェンス越しに片耳ずつイヤホンをして音楽を聴くシーンがあるんですが、ものすごく甘酸っぱくてうらやましかったんですよ。リアルに自分がやると考えると、ちょっと恥ずかしいですけどね(笑)。他にも印象的なシーンはライブシーンの撮影。エキストラの方たちが、何度演奏しても盛り上がってくれたので本当に助かりました。あのシーンでは、M!LKとしての経験を活かすことができたんじゃないかなと思っています。今までは俳優とアーティスト活動とは全く別物として考えていたんですが、この作品を通して、どちらにとってもいい効果があることを実感できました。これからも、俳優としてはもちろん、M!LKの活動もしっかり両立して、いい相乗効果を出せたらいいなと思っています。

INFORMATION

5/24(金)全国ロードショー・映画『小さな恋のうた』平成で最も歌われたMONGOL800の代表曲『小さな恋のうた』から生まれた物語がこの夏、公開される。

 

■こちらの記事もあわせてチェック☑


-credit-
photography:KODAI IKEMITSU(TRON) styling:SHOGO ITO (SITOR) hair&makeup:RYOMA TSUDA (Y’SC)

ほぼ毎日更新中!!365 NEW STYLE ほぼ毎日更新中!!365 NEW STYLE

RANKING

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY