LIFESTYLE

出会いはあるけど好きになれない!恋活の底なし沼から抜け出す方法

LIFESTYLE 2019.04.03 by 2019.04.03

恋活をしていると、「出会っても出会ってもだれも好きになれない。どうすればいいの?」と悩むことがあります。モテる女性はとくに、好きになってもらえないことよりも、自分が好きになれないことに悩む場合が多いのではないでしょうか。では、恋活中の女性が出会った男性を好きになれないのは、一体なぜでしょう?

今日は、恋活の底なし沼とも言える状態から抜け出す方法を2つ紹介します。心理学の観点からもアドバイスしますので、「出会いがあるのに好きになれない」と悩む女性は参考にしてみてください。

方法1.出会いの目的をスイッチしよう

大前提として覚えておいてほしいのが、一目ぼれをしない限り、出会ってすぐ人を好きになることなんてあり得ないということです。

「出会っても出会っても好きになれない!」と悩むのは、「好きになろう」と思っているからではないでしょうか。では、なぜ「好きになろう」と思うのでしょう?

それは、あなたが「恋をしたい♡」と思っているからです。

「恋をしたいのに好きになれない」
「恋に落ちさせてくれる相手が現れない」
そんな風に思っているからこそ、相手に対するハードルが余計に上がってしまいます。というより、むしろ自分で勝手にハードルを上げているとも言えるでしょう。

恋は、するものではなく落ちるものです。もちろん、恋の始まりには出会いも必要ですが、出会い=恋の始まりではありません。

出会いの目的は、あくまで『出会う』こと。恋が始まるかどうかは、その後の話です。

出会ったその日に恋の始まりやときめきを期待するのはやめましょう。

話す前から「この人いいな♡」を期待しない

「好きになれない!」と悩む女性は、「この人いいな♡」と思った相手だけに的を絞りがち。ですが、ロクに話しもせずに「いいな♡」と思ったなら、もはやそれは一目ぼれです。

あなたは、これまでの人生で一目ぼれをした経験が何回ありますか?

おそらく、多くて2~3回ではないでしょうか。少ない人なら、0回と答える人もいるでしょう。

すれ違うだけの人や接客をしてくれた店員さん、同僚や取引先の相手などを含めれば、きっと私たちは数え切れないほどの異性と出会っています。にもかかわらず、一目ぼれをした回数は多くて2~3回。

つまり、一目ぼれをする確率なんてそんなものなのです。

そう考えれば、恋活の場という限られた人数の中に「いいな♡」と思う相手がいなかったとしても、なんら不思議ではありません。それなのに、ロクに話しもせず「この人は違う」「この人も違う」と却下していたら、恋が始まるどころか、出会うことすら期待できないのでは?

「好きになれない!」と思うことが多い人は、話す前に判断せず、まずは1分でも2分でも良いので話をしてみてください。『人は見かけによらぬもの』ということわざがあるように、「話してみたら想像と違った」ということも珍しくありません。

方法2.ダメ出しの項目をできるだけ減らそう

出会っても出会っても好きになれない女性は、出会った男性にダメ出しをしすぎる傾向があります。

たとえば、
・メガネをかけている人は好きじゃない
・ヒゲって何か不潔っぽいな
・関西弁の人はNG

など、「何となくイヤ」という理由でダメ出しをする女性も多いのではないでしょうか。

恋活において最も邪魔だと言っても過言ではないのが、このダメ出しのハードルです。ダメ出しの項目は、自分でも気付かないうちにどんどん増えていきますので注意しましょう。

とくに注意が必要なのは、「こういう人っぽい」と想像でダメ出しをすることです。

人は、自分の見てきたことや経験してきたことを基に判断しようとします。先ほど挙げた3つの項目をイヤだと思うのは、おそらく過去に何かがあったせいです。

たとえば、メガネをかけている彼氏に浮気をされた友だちを見た女性が「メガネの男は浮気性」と思い込んだり、関西弁の彼氏とケンカばかりしていた女性が「関西弁の人とは合わない」と思い込んだりします。

こういった思い込みが正しいとは限らないので、変な思い込みはやめましょう。

自分のダメ出しが変な思い込みによるものなのかを知りたければ、まずは自分の中にある判断基準を紙やスマホに書き出してみるのが1番です。そして、その項目に当てはまる人が実際に何人いたのかも書き出してみてください。

もし思い当たる人が1人しかいないのであれば、そのダメ出し基準は変な思い込みである可能性が高いです。

もしそれでも納得できなければ、友だちや家族に聞いてみるのもアリですね。友だちや家族が「それはあんたの変な思い込みだよ」と言うのなら、その項目はダメ出し基準から消しましょう。

ただ、中には本当に必要なダメ出し項目もあります。

たとえば、「ギャンブルやタバコが嫌い」「チャラチャラした男性は無理」などの譲れない価値観があるなら、その項目に当てはまる相手を却下するのは当然です。

消すべきなのは、あくまで間違った思い込みによる判断基準のみ。必要な項目まで消さないよう、気を付けてくださいね。

「生理的に無理!」の直感は信じてよし


今日は、「出会っても出会っても好きになれない!」と思う女性へ、恋活の底なし沼から抜け出す方法を2つ紹介しました。思い当たることがある人は、ぜひ試してみてください。

ただし、今日ご紹介したのは「生理的に無理」とは感じなかった場合に有効な方法です。もし直感的に「この人は生理的に無理」と感じたなら、それは自分の遺伝子が拒否しているからかもしれません。遺伝子と恋愛にまつわるお話は、また別の機会に。

ライター:永瀬なみ

ほぼ毎日更新中!!365 NEW STYLE ほぼ毎日更新中!!365 NEW STYLE

RANKING

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY