LIFESTYLE

派手な服装はNG?彼の両親に初めてあいさつをするときの注意点

LIFESTYLE 2019.01.24 by 2019.01.24

彼氏との交際がある程度の期間になってくると、結婚が決まったわけではなくても彼氏の両親にあいさつへ行くこともあるのでは? そんなとき、派手な服装が好きな女性は「何を着ていけばいいの?」と迷ってしまいます。では、彼の両親に会うときには一体どんなことに注意すれば良いのでしょうか。

今日は、彼氏の両親に初めてあいさつをする際の注意点をお伝えします。服装についても気を付けた方が良いポイントを具体的にお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください。

彼の両親に会うのが初めてなら第一印象を意識しよう


結婚のあいさつではないにしても、彼の両親に会うのが初めてなら無難な服装で行くことをオススメします。

これまでにも何度か、人の印象は第一印象で決まるとお伝えしてきました。これは、恋愛に限った話ではありません。初めて会った瞬間に与えた印象は、その後もずっと続きます。

つまり、初対面の段階で彼の両親から良い印象を抱かれるかどうかは、今後2人の交際を見守ってもらえるかどうかに関わるということです。

逆に、最初に良い印象を与えられれば、よほどのことがない限りその印象は覆らない(くつがえらない)と言えます。最初に受けた印象がなかなか変わらないのは、何度その相手に会っても第一印象を基準にして相手を判断するからです。

たとえば、初対面であなたが「誠実そうな人」という印象を抱いた相手と、「チャラチャラしていそうな人」という印象を抱いた相手がいたとします。

もしも相手が約束の時間に遅れたら、どちらの相手に対してより強い嫌悪感を抱くと思いますか?

「チャラチャラしていそう」という印象を抱いた相手に対しては、おそらく「やっぱり。見た目からして不誠実そうだもんね」と思うのではないでしょうか。

一方、「誠実そうな人」という印象を抱いた相手に対しては、「何かあったのかな?」「謝り方も丁寧だし、やっぱり誠実そう」などと思うのでは?

このように、人は相手と会うたびに自分の抱いた第一印象を確かめようとします。そして、3回会うまでには相手の印象を自分の中でほぼ固定させるのです。この心理を、心理学では『スリーセット理論』と呼びます。

彼の両親に2人の交際を見守ってもらうためにも、初対面の段階では無難な服装を選び、両親の雰囲気を見て徐々にゆるめていきましょう。

あいさつに行くときの服装で気を付けるポイント

続いて、彼の両親と初めて会うときの服装において気を付けた方が良いポイントを紹介します。

良い印象を与えるために、「思いっきり地味な服装で行こう」と考える女性もいるかもしれません。ところが、両親の想像するイメージとあまりにかけ離れた服装であいさつに行くと、反対に「もしやネコをかぶっているのでは?」と怪しまれることがあります。

そこでオススメなのが、ポイントを押さえつつ年齢相応の服装であいさつに行くこと。最後に、押さえるべきポイントをいくつか紹介しますので参考にしてみてください。

ポイント1.露出やフィット感をなくす

1つ目のポイントは、露出やフィット感をなくすこと。

初対面で彼の両親から「下品な女性」と思われると、交際を反対される可能性があります。胸元が開いた服やミニスカート、やたらと体のラインを強調する素材は避けましょう。

また、お辞儀をしたときに下着や胸元が見える服装はNGです。鏡の前でチェックしてみてくださいね。

ポイント2.きちんと感を出す

2つ目のポイントは、きちんと感を出すこと。

だらしない印象の服装は、着ている人を「だらしない人」に見せてしまいます。彼の両親に会うのが初めてなら、きちんと感を意識しましょう。

結婚のあいさつではないので、カジュアルな服装でもOK。ただし、だらしない印象を与えるアイテムはNGです。たとえば、ダメージジーンズやダボダボすぎるニットはだらしない印象を与えますので注意してください。

ほかにも、
・コートは襟や袖口にファーが付いたコートよりもシンプルなコート
・靴はブーツよりもパンプスやブーティー
・アクセサリーはジャラ着けよりもワンポイント使い
などに気を付ければ、きちんと感を演出できるでしょう。

ポイント3.服装以外にも要注意

彼の両親に良い印象を与えたければ、最低でも3回目に会うまでは服装以外にも注意しましょう。

第一印象とは、服装だけでなく、メイクやヘアスタイル、ネイル、コンタクト、表情など、全てを総合的に見て抱く外見の印象です。

・なるべくナチュラルなメイクを目指す
・不自然に長い爪や派手すぎるネイルは避ける
・裸眼に近いコンタクトを選ぶ
などに注意すれば、悪い印象を与えることはないでしょう。

素足で家にあがるのは失礼に当たるので、夏場はストッキングの着用を忘れずに。

TPOに合わせて服装を考えよう


今日は、彼の実家で両親にあいさつをする想定で服装のポイントをお伝えしました。ですが、もしも会う場所がレストランなら、カジュアルなデニムよりもフォーマルなワンピースをオススメします。季節や場所に合わせて、自分の第一印象を上手にコントロールしてくださいね。

あなたに個性やこだわりがあるとしても、それは彼の両親と何度も会う中で徐々に出していけば良いこと。まずは、せめて悪い印象だけは与えないように注意しましょう。

ライター:永瀬なみ

ほぼ毎日更新中!!365 NEW STYLE ほぼ毎日更新中!!365 NEW STYLE

RANKING

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY