LIFESTYLE

これからもBFF♡女友達の絆を紡ぐ5つの良習慣

LIFESTYLE 2017.12.12 by 2017.12.12

BFFとは「best friend forever」の意味。何でも分かり合える女友達はかけがえのない存在です。恋や仕事の悩みはもちろん、トレンドニュースや今興味があることなどを心置きなく話し合える関係は、大切にしたいですよね。
でも最近、「女友達の愚痴が多すぎる」、「自分のことばかりしゃべって、こっちの話を聞かない」などの不満をあなたが感じているとしたら、少し自分を振り返ってみて欲しいのです。あなたが感じていることは、相手も同じように感じていることが多いもの。女同士の友情が当たり前になってしまって、感謝の気持ちが欠けてしまっていたり、悪気はないのに自分勝手に振る舞ってしまっていたり…。そんな行為に思い当たる節がある方に、そして、年を重ねても親友でいたい相手がいる方にも、女友達との良い関係を築くための5つの良習慣をご紹介します。

1.約束をキチンと覚えていること

友達関係に限らず、仕事や恋愛でも約束を守ることが、信頼を保ち、高めることに繋がります。しかし、親しい間柄になればなるほど、「約束の時間に少しくらいなら遅れてもいいや」とか、「この間の約束は、相手も忘れてるだろうからスルーでいいか」なんて、甘えが生まれがちです。
また、「私、時間にルーズだから〜」なんて、謝りもせず遅刻を肯定する人もいますが、このようなことを続けていると女友達が離れて行ってしまうことも…。(ドタキャンなんてもってのほかですよ!)
小さな約束でも、可能な限りキチンと守る。守れなかったらその理由と「ごめんね」をしっかり伝える。こちらが約束を忘れていても、相手は案外覚えているものです。無理をしたり我慢をしてまで約束を死守するのではなく、その約束をちゃんと覚えていて、守れなくても誠実にフォローすることで、女友達の関係は良好になります。

2.「ありがとう」はしっかり伝えて、心の中でも思うこと

前述したように「ごめんね」の気持ちを持つことも必要ですが、それ以上に「ありがとう」の気持ちを育てたいですよね。
あなたにとって友達は、当たり前のような存在かもしれません。しかし、定期的に遊んでくれる、誕生日にプレゼントをくれる、落ち込んだ時に励ましてくれる…いつもあなたの気持ちに寄り添ってくれるのは、当たり前のことではないのですよ。
何かしてもらうたびに、「本当にありがとう、とっても感謝していて、私は心底うれしい!」と力いっぱい言い過ぎるのも、女友達にとってはかえって「私、信頼されていないのかしら?」と不信がられてしまいます。
大げさに言いすぎる必要はありませんが、当たり前じゃないことに気づいたら、しっかりと言葉でありがとうと伝えて、心の中でも感謝の気持ちを育んでください。
大切な友達なら、何か感じ取ってくれると思いますよ!

次ページ:3.いいところは惜しみなくほめること

次のページ 1 2

ほぼ毎日更新中!!365 NEW STYLE ほぼ毎日更新中!!365 NEW STYLE

RANKING

  • DAILY
  • WEEKLY
  • MONTHLY
  • まだデータがありません。

  • まだデータがありません。

  • まだデータがありません。