気合入ってるって思われたくない問題。イベントシーズンにオススメ、ちょいフェミコーデ12選♡

年末に向けてイベントが多い今、いざオンナの特権であるワンピースやスカートスタイルを楽しみたくても、コーデが分からない…。急にらしくないスタイリングをすると気合入ってるって思われちゃう…。という、日常カジュアルスタイル族の方も多いのでは?

今回は普段ジーニングカジュアルスタイルに定評のある人気スタッフ3名の、リアルなちょいフェミコーデをご紹介!甘くなりすぎないポイントは必見です。

Iラインを強調したコーデ。小物はブラックのレザー調で統一させれば、ほのかにエッジが効いたスタイルに。

柄&デザインがインパクトのあるワンピースを主役に。アウターはショート丈でカジュアルダウン。

レースのインナーに、ベルベッドのワンピース。ウールのコートにレザー調のシューズ。全身ブラックだけど素材で差を付けて。

トレンドカラーである、ブラウンとパープルの組み合わせ。全体を柔らかい印象にまとめ、ギークなアイウエアでキャッチーに。

ボーイッシュな印象のフーディーも、スリットが入った起毛感のあるレオパードスカートでレディに仕上げて。

MOUSSY

WOOD SOLE ブーツ

¥17,380

【WOOD SOLE BOOTS】定番のウッドソールを使用したショートブーツです。

WEBストアで購入

ファーアウターに対し、華奢なスカートでもトータルバランスが良いのは、ボリューム感のあるブーツのおかげ。

アーガイルのニットに、リブニットスカートを合わせた上級者コーデ。リラクシーなムードには、あえてパンプスをオン。

クラシカルなフラワー柄ワンピースには、レトロな雰囲気が漂うケープコートでハズしてヴィンテージライクに。

毛足が長くボリューミーな袖が可愛いニットに、サテンスカートを合わせたガーリースタイルには、モードな小物で主張。

ワンピースの上からニットを重ねて暖かコーデ。全体的にブラックでまとめれば甘くなく、強さと雰囲気のある女性に。

歩く度に揺れるスカートは、トラッドなマルチストライプにする事で、シンプルなトップスでもおしゃれに差が付けられる。

一目で可愛いボアアウターが引き立つよう、全体的にミニマムに仕上げて。

ご紹介したスタッフはこちらの3名

おしゃれな普段のコーディネートもチェックしてみて!

marie hayashida / MOUSSY / 167cm

佐々木志穂 / MOUSSY本社スタッフ /168cm

花山瑞貴 / MOUSSY / 168cm

RECOMMEND

MORE

SHEL'MAG NEW POST

MORE